アドセンスの収益、ブログとYoutubeどちらが稼ぎやすいか


 

最近徐々にブログ友達の輪が広がってきて色んなジャンルの方の色んなジャンルのサイトを見る機会が増えてきて楽しいです。

 

そんな中でも、中学校の同級生 あべべ太郎の『脱ひきこもりブログ』と彼のTwitterから繋がったマフさんの『N.E.U.T.R.A.L

のお二方とGoogleAdsenseのお話になってそれぞれやっぱ得意な分野というかそれぞれの特性が成果に顕著に出ていておもしろいなぁと思ったのでそんなことを投稿したいと思います。

 

 

まず、自分のサイトですが、Adsenseの収益はほとんどがブログからで成り立っています。

Youtubeのチャンネルはありますが、HRCS関連の動画をアップするまではほぼ休止してました。

 

ところが、あべべ太郎はブログではなく収益のほとんどがYoutubeからだそうです。

そしてマフさんも全体で見るとYoutubeからの割合が高いそうです。

 

それでやはり、『結局どっちがいいの?』って話になったのです。

 

Youtube

 

あべべの動画

あべべのアップしている動画は相当ニッチな内容をアップしています。再生回数が少ない動画ももちろんありますが、やはりそのニッチな内容を知りたいユーザーは潜在的に少数だが存在していて、そのユーザー達はあべべの発信する内容を求めてチャンネル登録するか、しなくても動画を閲覧しているのではないかと思います。

要はあべべのケースではユーザーが少なくても競合する相手がいないのが成功要因と言えるでしょう。

 

マフさんの動画

彼は『サブカル』『アングラ』な内容をトークしているチャンネルをYoutubeに持ち、チャンネル登録数2000人を超えています。

アップロードされている彼の動画を見ると、彼自身の知識の広さと深さ、頭の回転の早さ、独特の表現などなど彼の脳から発信される言葉は見てる人を魅了しています。

要は彼は彼自身が優良なコンテンツなんです。

 

自分の動画

一方自分のYoutubeはほぼ休止状態。

収益をあげようと思って最近になって『バイク・車関連』か『柴犬』を狙って動画を上げ始めていますがイマイチ。彼らの動画と収益をみて明らかである自分のイマイチな要因は、競合も多いし、コンテンツとしても弱いということがわかりました。

 

Youtubeから収益を上げるには?

自分と二人を比較して明らかになったのは、

  • ターゲットを明確に
  • ターゲットにピンポイントに伝わる
  • 発信者のオリジナルな
  • 良質なコンテンツを

上記の内容で動画をアップしていくのが確実ということでしょう。

 

Youtubeの上位ランカーを見ても上の四つが当てはまることがわかります。

それらをわかって計算しているのか、知らずに本人が良質なコンテンツとなってしまうような天性の才を持っているのかはわかりませんが、

確実に言えることは

(彼らのターゲットである)ファンに向けて、(彼ら自身がコンテンツとなって)発信しているということです。

 

なので、一般のユーザーが今流行っている一部の「ユーチューバー」のようなことをアップしたり、バイラル的なコンテンツまたは、炎上商法なようなものをアップしたとしても彼らのファンで、真似事である限りそこにオリジナリティは存在せず、収益を上げ続けるのは難しいと言えるでしょう。さらに言えば、再生回数が伸びないからといって一度でも過激なことで再生数を稼ごうとして一時的に伸びたとしても、それで得たファンはより過激なことを求め、そうでないと去っていくことになる。要するに、そういう閲覧者は『過激な動画』が目的であって、『動画の内容』には興味ないわけで、当然となるわけです。

 

 

 

ブログ

 

ブログでも結局同じなのですが、あべべのサイトは更新頻度が低め。マフさんはまだ初めて間もないにも関わらず相変わらず自身の文才をテキストでも発揮し良質なコンテンツを発信してます。ただ、お話を聞いてサイトを見た感じだと二人に共通するのはSEOが若干低いかなという印象がありました。事実、検索由来のユーザーは安定していないということも以前伺いました。

 

BLOG.K9では

二人の話を聞くまで自分としてはこのブログのこの収益の結果には特に感情はなく、そのうちゆっくり分析して考えようと思っていたところだったのですが、今回のきっかけで色々とみてみました。

当ブログはジャンルレスであるけども、『自分の興味がある内容を中心に検索ユーザーのニーズを意識したサイト作り』を目指しており、そのためにそれぞれの投稿にSEOを実施しているので、検索由来のユーザーがほとんどを占め、閲覧時間からも大半のユーザーが内容をみてくれていることが読み取れます。

 

結局ブログでもYoutubeと同じで、Youtubeよりは収益はなかなか伸びづらくはありますが、ファンを増やすようなコンテンツと成りうるものを発信するか、検索ユーザーに対して検索ワードにマッチするコンテンツを発信するかがいいのかも知れません。

 

結局Youtubeとブログどちらが稼げるのか

 

結局はGoogleAdsenseではどちらとも言えないのかなと自分は思ったのですが、

今回のことで

  • 明確なターゲット
  • 閲覧ユーザーのニーズにマッチした
  • 良質でオリジナルなコンテンツで
  • ファン(リピーター)を増やす

これらを意識していれば、どちらでも自ずと成果が表れるてくることは間違いなさそうということがわかりました。

 

まさにこれっていうのは『インバウンドマーケティング』『コンテンツマーケティング』と呼ばれるもので、ここに意識を置くことで誰にでもモノなんか売らないでも個人がネットを利用して発信することでそれなりの収入を得ることができる時代が確実に始まっていることの表れじゃないかなって思うんです。

 

もしこれから収益化を考えたり、今伸び悩んでいる方がいましたら

得意な分野でオリジナルな言葉や表現で発信する。

これを意識してみるといいかもしれません。

 

あべべ、マフさんしばらく経ったらまた色々とお話しましょう。

 

 


Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア

 

※この記事の前後の記事

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す