ホットロッドカスタムショー2014はバイク来場禁止でも変わらない人の多さ!【HRCS2014】


今年のホットロッドは2輪での来場禁止ということで、車でいきました。

 

今まで会場周辺を埋め尽くしていたチョッパー達が車できたり、

地方からの来場者達はアサイチで駐車場入ってたりするんじゃないかって

『駐車場に入れないんじゃなかろうか感』でモヤモヤしつつ、家を早めに出て

パシフィコに着いたのが8:00

駐車場

公共駐車場へ降りていくのに渋滞していて、車を止めてエントランス付近に上がってきた頃には既に8:20になっていました。

 

いつもなら通路の両脇にズラーっとギャラリーが人垣を作っていて、

そこへチョッパーバイクが入り口へ続々と吸い込まれていってて。

 

爆音と排気ガスくさい空気を見て『ホットロッドきたなー!!』ってテンション上がるんですが…

 

 

閑散…

会場外

やっぱ寂しいなぁなんて感じて入場口へ向かうと既に入場待ちの人の列は折り返して更に折り返し始めた頃でした。

 

ギャラリーできない分みんな並んでたようです。

入り口オープン前

8:30を過ぎてちょっとしたら入場のアナウンスがあって、順番に入っていきました。

 

 

オープン当初こそ人がまばらだったのに11:00も過ぎると人人人…とにかく歩けない程の人…

展示車両
カスタムスタイルさんも相変わらず物販大きくて盛り上がってたなぁ。

バイクで来場禁止でも充分人が多い、てかむしろ例年以上だったんじゃないかってぐらい。

撮りためた画像は以下のギャラリーからご覧下さい。

 

 

毎年12月の第一週目の日曜に開催されるこのホットロッドカスタムショーは

近年、近隣からの多くの苦情を受けていたそうで、会場は主催のMoonに対して、充分な騒音対策をしないと今後会場を利用できなくなるとしていました。

 

そこで今回主催は

来場者に『Be Calm Not Loud SHIZUKANI』を合言葉に呼びかけ、

バイクでの来場禁止・みなとみらい地区の走行禁止しての開催となりました。

 

実際どうだったか。。

 

確かに会場周辺でいつもこだましている「ブババババ!!!!」とか「ドババババ!!」って聞こえてこなかったです。

イベントのファンとしても成功だったんだろうなって思いたい。

朝みかけたチョッパー達がみなとみらいに近づいてないことを願いたい。

 

でも、

『ホットロッドだから』とか、『イベントがなくなるのがイヤ』だからとか、

そういう理由で得た今回の成功だとしたら成功とは言えないんじゃないかって自分は思う。

 

自分は事の真意は『マナーが悪い』ってことだと思うんです。

どこのイベントのどんな会場に行ったって、爆音で空ぶかししたり、空き缶や吸い殻をそのままにしてたり、

コンビニの駐車場に広がって輪になって座り込んでいて一般のお客さんの車が入れなかったり。

 

ロッドショーに限らずやっぱり、普段から気をつけない限りどこ行ってもこういう流れになっていくんじゃないかなーって思います。

 

 

 


Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア

 

※この記事の前後の記事

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す