光る・オシャレ・薄い・タイピングしやすいオススメキーボード【ロジクール K740】


 

PCを使って作業をする上でマウスとキーボードは常に触っているアイテム。

 

そんなキーボードですが、今まではK260って割とオーソドックスなモノを使用していました。

無線ってところ以外はいわゆる普通です。強いて言うならストローク少し浅めなぐらいか。

 

ふと気になって見てみるとヨドバシのポイントが結構貯まっていたのでなんかいーのないかなーって見に行って買ってきました。

 

僕がK740のキーボードを選ぶのに考えた好みやポイントも踏まえて紹介したいと思います。

 

キーボード選びのポイント

 

 

まず、キーボードの使用目的ですが、別に僕はPCでゲームをするわけじゃないのでマクロキーこんもりなゲーミングキーボードじゃなくていいし、超耐久性の高いモノじゃなくていいわけです。

 

たくさんあるキーボード売り場から選ぶ時に見るのは、キータッチの重さ。ストローク(押し込み)の深さ。この辺にポイントを置いて自分の好みを明確にすることが大切だと思います。

 

色々と各社各製品をパチパチ叩いてみてもなんかしっくりこないので視点を変えてみました。

 

仕事がら色んなキーボードを触る機会がありますが、改めて思い返してみてよかったなーって印象に残ってるのってMacbook Air のキーボード。

 

なので、自分好みのキーボードって、

  • キータッチが軽い
  • キーストロークが浅い

ってところなのかなって思ってまたパチパチ。

 

うん、そうだ、きっとそうなんだ、そうに違いない。

 

それと、テンキーは良く使うのでテンキー付きじゃないとです。

 

 

やっぱりロジクール

 

ロジクールって価格幅が広く、色んなユーザーに向けた製品ラインナップ・製品の提案がすごくウマイと思うんです。

それなりの金額のモノはそれなりに高級感を演出するし、安くてもいいやってユーザにも優しいというか。

 

お店に並んでる商品を手にとってパッケージを見た時にも、

「この製品の特徴」みたいなのがすごくわかりやすいのも魅力です。

 

だから、予算から選んだり、機能から選んだり、グレードの違いを見たり、ロジクールって売り場とパッケージでそんな楽しを味わえるのでそれが好きなんです。

 

ロジクール イルミネート キーボード k740

k740_1

キーが軽くて・浅くて・テンキーがついていてってヨドバシの売り場で見てたら丁度K740がピッタリでした。

 

このK740は無線ではなく有線です。いままで無線だったので有線がじゃまになるかなーなんて思ってたけど、案外そんなことないかも。

 

PC起動してUSBに差したらすぐに使える状態になりました

 

デスクに置いて思ったのが、とにかく薄いし光るしカッコイイ!オシャレ!

k740

売り場でも薄すぎて逆に疲れないか?って思ったのですが、後ろにある爪を出して案外パームレストがいい仕事をするので気にならないですよ。

 

 

k740_2

 

キーはパンタグラフ式なので、軽いタッチですがストロークは浅すぎない

一番手前のスペースの列が盛り上がっていますが、すぐ慣れました。

 

売り場で見た時はキーの文字だけが光るのかと思ってましたが、隙間まで光っててすっごいオシャレ。

光は三段階ですね。明るすぎたらウザイんじゃないかと心配したけど、そんなのも気にならないぐらい自然に光ってます。

 

k740_3

 

また、文字盤に日本語表記がないのもスタイリッシュ。

 

上にあるオレンジのボタンはFnキーを押しながら操作するとそれぞれ起動します。

 

肝心なキータッチですが、軽いけどしっかりタイピングできるし、静かです。

多分長時間やっても疲れなそうかも。

 

光物 薄い オシャレ カッコイイ キータッチ軽い 打鍵感しっかり ハイエンド フルキーボード

 

とにかく魅力も満足感もたっぷりなキーボードですね。

 

最高に気に入りました。

ますますロジクール信者になったのでした。

 

ああ


Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア

 

※この記事の前後の記事

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

One thought on “光る・オシャレ・薄い・タイピングしやすいオススメキーボード【ロジクール K740】

コメントを残す