LINE乗っ取り犯逮捕、国内にある中国向けのプロキシサーバー会社


2014/12/28リンク切れを確認

<不正アクセス>中国向け中継サーバー、ライン乗っ取りにも 毎日新聞 12月11日(木)21時47分配信 
魚拓 http://megalodon.jp/2014-1212-1603-14/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000093-mai-soci
ライン乗っ取り犯が逮捕されたそうです。

日本に設置されている中国からのアクセスを中継していたプロキシサーバーの会社だそうです。

 

プロキシサーバーとは代理サーバーのことで、簡単に言えば『ネットに接続しているユーザーがどこからの発信かを隠せる』といったところでしょうか。

 

今回のLINE乗っ取りは別容疑ということだったので、元の容疑も調べてみるとアッサリ出てきました。

 

代理サーバー:一斉摘発…不正接続の容疑 20都道府県警 毎日新聞 2014年11月19日 12時51分(最終更新 11月19日 13時22分)

魚拓 http://megalodon.jp/2014-1212-1622-44/mainichi.jp/select/news/20141119k0000e040242000c.html

もともとは不正送金事件に関与ということだったみたいですね。

 

不正送金の被害総額は4億円。

LINEだけでみても6月から10月までに約370件(被害総額2800万)ということなので相当騙された人いたことが伺えます。

 

 

大体、一件あたり7700円ぐらい?(計算あってるか…?)

ほとんどの人が1万円のItunesカードを伝えたんでしょうか。

 

ネットでは

『驚きの撃退方法!』 『スタンプでやりとり!』 『乗っ取り犯とほっこり!』なんておもしろおかしく盛り上がってましたが、やっぱりそれなりの被害者はいたということなんですね。

 

逮捕されたことはもちろん喜ばしいことではあるのですが、

不正アクセス禁止法は3年以下の懲役又は100万以下の罰金で済んじゃうみたいです。

 

別に不正アクセス禁止法に限る話ではないのですが

どうにかして、犯罪を犯す人間を捕まえて行くより、犯罪が起きないような環境になっていくことってできないもんなんですかね…

 

 


Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア

 

※この記事の前後の記事

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す