激安,偽物レイバンを中国から仕入れて転売するのは超危険


こんちは、相変わらずfacebookのレイバンの詐欺、偽物、のアクセスは一時期よりは勢いが収まったものの、

ありがたいことに人気の投稿となっています。

 

過去の投稿はこちら。

Facebookの【割引 Ray Ban aviator サングラス発売中】が怪しい

フェイスブックで回ってくるRayBanのサイトは明らかに詐欺サイト

facebook タグ付けを予防する方法(スマホ・PC共通)

 

こんだけ激安だと良からぬ知恵が働くヤツもいるんじゃないかなーって思うんですね。

この金額で仕入れて日本でそれなりの値段、もしくはそれよりぐっと抑えてもガッツリ利益でるわけじゃないですか。

 

まさかそんなことする人いないとは思うけど、それって

犯罪なわけで超リスク高いわけですよ

 

どんぐらいの犯罪かってのを調べたので紹介します。

 

 

(ネットオークション含めて)売るために偽物を持つことは商標法違反で逮捕。

実際ヤフオクで中国から仕入れた偽ロレックスを転売していた神奈川県の会社員が逮捕されています。

 

偽物であることを知りながら販売した場合は商標法違反

10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金またはその両方(商標法78条)

 

偽物であることを隠すと詐欺罪

10年以下の懲役(刑法246条)

 

 

それでも知らぬ・存ぜぬで言い切っちゃって法律の抜け穴があったりすんじゃねーの?ってのも調べてみましたよ。

しかし、なかなか厳しい現実。

PRESIDENT Onlineの下記記事によると、

偽物と知りながら転売したら懲役10年の刑罰もあり 2009/8/3

 

偽物と知らないで販売した場合は出品数や出品回数で故意だと判断されかねない

 

じぶんで使用するために海外から購入・所持した場合は関税法69条の11で禁じられています

(7年以下の懲役もしくは700万円以下の罰金、またはその両方)

 

あちゃー。どうやっても真っ黒じゃないですか。

こんなことで詐欺の前科なんかついたら普通に社会生活送れないですよ。

だって詐欺の前科ができたってことは

「過去に人からお金を騙しとった事実があり、それで逮捕されました」って看板を出して表出歩くわけです。

もう誰からも信用してもらえないでしょう。

とにかく、リスクがメチャメチャ高い。

 

 

なんども繰り返しにはなりますが、ブランド品は正規店で買うのがいいと思う。

高い値段の内訳にはブランドの名前だけでなく、保証と安心も入っての値段ということですね。

 

もし偽物を掴まされちゃった人はですよ、

PRESIDENT Onlineさんの記事によれば、

運悪くオークションや店頭で偽物をつかまされたときはどうすればいいのか。相手が偽物と知りつつ本物と偽った場合は、詐欺として契約の取り消しを求めることができる(民法96条)。仮に相手が偽物と知らなくても、錯誤による契約だったとして無効を主張することが可能だ(民法95条)。いずれにしても高額なブランド品を購入するときは、万が一の交渉に備えて、レシートなどの証拠を保存しておくといい。

ってことらしいです。

 

でも国外の業者に対して証拠持ってこんなこと求めたって相手にしてもらえないんじゃなかなぁとかも思いました。

 

まあなんにせよそんな真っ黒で超危険なモロ犯罪行為するなんてめちゃくちゃハイリスク。

それやるなら前に投稿した

FXのキャッシュバック目的で小遣い稼ぎ

とかのがよっぽど楽で全然合法だし、まとまった金が手に入るのにって思ったんです。

 

 

 


Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア

 

※この記事の前後の記事

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す