【感想】映画 闇金ウシジマくん2


映画ヤミ金ウシジマくん2をみてきました。

 

スピリッツの連載当初から原作のファンです。

 

最初にドラマ実写化した時はこの山田孝之の社長に違和感を覚えたもので、

 

特に身長のイメージとのギャップに慣れないものでした。

 

ドラマ、映画とずっと見てると自然に慣れてきて、何よりも山田孝之のオーラの作り方に飲まれこまれます。

 

 

 

映画の概要

 

YouTube Preview Image

 

今回の映画ウシジマくん2では、原作でいうところのヤンキーくん編がメインストーリーです。

 

ドラマでも映画の1でもそうですが、色んなストーリーを同時に絡ませてハイスピードな展開になってます。

 

暴走族の相沢、相沢のバイクを盗みボコボコにされるマサル。

 

相沢から金をせびる犀原

 

No.1を目指すホスト 麗と貢ぐ女 彩香。それをストーカーする蝦沼。

 

全員が全員どういうふうに絡んでくるのかが見ものです。

 

 

原作のファンが映画を見る時の楽しみ方

 

まずは、前提として実写は実写として楽しむのがいいと思います。

 

その上で、あれ?原作と違う?っていうのを見つけてどこがどう違うのか思い返したり、

 

あとは、役者の良し悪しが結構でてるのでそこも楽しみポイントだと思います。

 

 

以下感想

 

今回は一言で言うところの絶望感が足りなかったかなと思います。

もっと圧倒的な転がり落ち方、絶対的な絶望というのが原作含めてのウシジマくんの良さであり、

ファンとしてはそこが見たいとこだったりするのだけども、

各ストーリーの回収してまわるところが、やや駆け足気味かなという感じがしました。

それでもやっぱりウシジマ社長の圧倒的さには惚れ惚れするものだし、

戌亥を演じる綾野剛がドラマ版よりさらにハマってて

相沢さんもやっぱり魅力あるクズ。

あーおもしろかったって終われる映画です。

個人的にはもっとドロドロして胸糞悪い映画にして欲しいんだけどなー。

 

 


Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア

 

※この記事の前後の記事

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す